2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ◆Excel VBA(ショートカットキーをカスタマイズ) | トップページ | ◆Excel VBA(カスタムツールバー) »

2007年3月18日 (日)

◆Excel VBA(シートタブメニューをカスタマイズ)

本日は第3弾として、シートタブメニューのカスタマイズ方法です。

シートタブメニューとは私が勝手に呼んでいるのですが、例えば

Sheet1のタブ上で右クリックした時に表示されるメニューです。

デフォルトでは”挿入”や”名前の変更”などがありますよね。

これをVBAマクロで変更することが出来ます。

Photo_1

例えば以下の通りです。

フラグによって、メニュー項目の追加と削除を行う例です。

右クリックメニュー変更の応用ですが、CommandBars("Ply")

CommandBarsのうち、"Ply"がExcelが内部管理している

シートタブメニューの名称です。詳細はVBAのヘルプをご覧ください。

        'キー割当て
        If pFlg Then
            Set Newb = Application.CommandBars("Ply").Controls.Add
            With Newb
                .Caption = "アクティブシートを非表示にする"
                .OnAction = "m_シート非表示"
                .FaceId = 2587
            End With
        Else
            For Each oCb In Application.CommandBars("Ply").Controls
                If oCb.Caption = "アクティブシートを非表示にする" Then
                    oCb.DELETE
                End If
            Next oCb
        End If

次回はカスタムツールバーについて。

※私が作成したVBAツールです。よかったら使ってみてください。

« ◆Excel VBA(ショートカットキーをカスタマイズ) | トップページ | ◆Excel VBA(カスタムツールバー) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆Excel VBA(ショートカットキーをカスタマイズ) | トップページ | ◆Excel VBA(カスタムツールバー) »