2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ◆E2000Tools(第21回目「直前のシートへジャンプ」機能) | トップページ | ◆E2000Tools(第23回目「タブオーダー設定」機能) »

2007年7月 5日 (木)

◆E2000Tools(第22回目「アクティブブックの所在を把握」機能)

第22回目の今回は、「アクティブブックの所在を把握」です。

皆さんは、開いたファイルがどこのフォルダに格納されていたのかとか、前回開いたファイルを開きたいがどこに格納されていたか思い出せない、といったことで困ったことはありませんか?今回はE2000Toolsツールが提供している機能のうち、そういった困り事を解決するいくつかの機能を特集します。
まずは、前回開いたファイルを素早く開くには、以前ご紹介しましたが「ファイル履歴」機能です。
開いているファイルをこれかも頻繁に開きそうな場合は、「アクティブブックのショートカットをデスクトップに作成」で、デスクトップにショートカットを作成してしまいましょう。いずれの機能もファイル数が多くなってくると履歴やデスクトップが煩わしくなってきますが。。。
さらに今開いているファイルの格納フォルダを見たい場合は、「アクティブブック格納フォルダ表示」をクリックすると便利です。アクティブブックの格納フォルダをエクスプローラが表示してくれます。
実は、E2000Toolsツールを導入すると、タイトルバーにアクティブブックのフルパスとファイルサイズが表示されるようになるのでファイルの所在把握は大抵はそれで事足りますが。

よかったらご使用になってみてください。
E2000Toolsはこちらhttp://cat.zero.ad.jp/iizy/のDownloadからダウンロードできます。不明な点などがあればコメント欄にでも書いて頂ければお答えしたいと思います。

« ◆E2000Tools(第21回目「直前のシートへジャンプ」機能) | トップページ | ◆E2000Tools(第23回目「タブオーダー設定」機能) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆E2000Tools(第21回目「直前のシートへジャンプ」機能) | トップページ | ◆E2000Tools(第23回目「タブオーダー設定」機能) »