« ♪Piano(ノクターン第8番変ニ長調Op.27-2|ショパン) | トップページ | §PostgreSQL(外部キー制約解除/再設定SQLを自動生成する方法(その1)) »

2010年12月 2日 (木)

§PostgreSQL(pg_dumpでユーザ名とデータベース名と出力ファイル名を併記する方法)

最近、RDBMSのPostgreSQLを扱う機会が多いのですが、ネットで検索してもなかなか見つからない掲題の件があったので書いてみたいと思います。
ご承知の通りPostgreSQLのデータベースをバックアップするツールにpg_dumpがあります。pg_dumpで検索するとリファレンスが取得できますが、ユーザ名とデータベース名と出力ファイル名を併記する方法がいまいちわからないので試行錯誤してしまいました。PostgreSQLには他にpsqlという会話型SQLツールがありますが、こちらのオプションと違うようで戸惑ってしまいました。で、結論は以下の通りです。以下の例はテーブル構造のみ出力したかったので-sオプションを付加しています。勿論オプションは他にもたくさんありますので用途によって付加すればよいですが、基本構造はこれでいけると思います。ポイントは、データベース名は一番最後に記述するでしょうか。
なぜテーブル構造だけ出力したかったかは次回に書いてみたいと思います。

pg_dump -U ユーザ名 -h ホスト名 -s -n スキーマ名 データベース名 > 出力ファイル名
例:pg_dump -U postgres -h 192.168.0.100 -s -n hogehoge chomechome > c:\chome_db.txt

-U:ユーザ名
-h:ホスト名
-s:データは出力しない(DDLのみ出力)
-n:スキーマ名

« ♪Piano(ノクターン第8番変ニ長調Op.27-2|ショパン) | トップページ | §PostgreSQL(外部キー制約解除/再設定SQLを自動生成する方法(その1)) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♪Piano(ノクターン第8番変ニ長調Op.27-2|ショパン) | トップページ | §PostgreSQL(外部キー制約解除/再設定SQLを自動生成する方法(その1)) »