2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ◆Excel VBA(<PC資産管理>使用ソフトウェアのバージョンを管理するツール2) | トップページ | ◆Outlook VBA(メール誤送信防止のためのチェックあれこれ その2) »

2011年10月26日 (水)

◆Outlook VBA(メール誤送信防止のためのチェックあれこれ その1)

久しぶりのOutlookネタです。最近訳あってThunderbirdからOutlookに戻って来ました。
久しぶりに使ってみると、Thunderbirdでは即座に送信されるのではなく、送信前のチェックによって誤送信を防止するための機能が幾つかありました。しかしOutlookでは標準装備されていないことが分かり、使い勝手が悪いのでVBAで作ってみました。
送信ボタンを押下した時に送信メールに対してチェックします。
作成した機能は以下のとおり。

(1)件名チェック
件名が未入力の場合、そのまま送信するかどうかの確認メッセージを表示して次のチェックにいきます。
いいえを押下すると送信を中止することができます。
Subject_check

(2)添付ファイル忘れチェック
本文か件名に添付といった文言が含まれている場合、ファイルが添付されているかチェックします。
添付ファイルが無い場合、そのまま送信するかどうかの確認メッセージを表示して次のチェックにいきます。
いいえを押下すると送信を中止することができます。
Temp_check

(3)添付ファイル拡張子チェック
社内やお客様はまだOffice2003を利用していることが多く、2007/2010形式のファイルを送信しないように拡張子チェックします。とりあえずExcelのxlsxとxlsmが添付されていたら、そのまま送信するか確認メッセージを表示します。
いいえを押下すると送信を中止することができます。
Xlsx_check_2

(4)宛先確認
宛先に設定されているメールアドレスを列挙して、確認を促すダイアログを表示します。
最初、単純にメッセージ表示していたのですが、アドレスが多いと表示文字の制限のために表示しきれないケースがあったので確認用のフォームを作りました。
キャンセルを押下すると送信を中止することができます。
Atesaki_check

VbaProject.OTMを公開しても良いのですが、すでに何らかのVBAを実装している方のためにソースの公開にします。ちょっと行数が多いので次回ということにします。それではまた。

« ◆Excel VBA(<PC資産管理>使用ソフトウェアのバージョンを管理するツール2) | トップページ | ◆Outlook VBA(メール誤送信防止のためのチェックあれこれ その2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆Excel VBA(<PC資産管理>使用ソフトウェアのバージョンを管理するツール2) | トップページ | ◆Outlook VBA(メール誤送信防止のためのチェックあれこれ その2) »