« 最近Google Chromeが遅い件について | トップページ | @アニメ(2017秋アニメOP、ED) »

2017年8月15日 (火)

◎バイク(Googleマップの便利な使い方)

趣味のバイクでツーリングに出かけるときはスマホ(Android)のGoogleマップを
ナビとして使用しています。
もしかしたら皆さんにとっては当たり前のことかもしれませんが、最近発見した
Googleマップの便利な使い方を自分のメモとして残しておきます。

(1)目的地の追加【PC/スマホ】※     ※【PC側かスマホ側かそれとも両方】
 これは既に利用されている方も多いかとは思いますが、何を隠そう私が知った
 のはつい最近なのです。ひょっとしたらご存じない方もいるかもしれません。
 目的地を検索し、ルートボタンを押下して出発地を入力するのが一般的
 かなと思います。これで最短ルートを選択してそのまま使用していました。
 ところが、バイクであちこち行くようになって、自分で走りたい道や途中で立ち
 寄りたいお店があった場合、まずそこを目的地にして到着したら次の目的地を
 設定してと面倒くさかったのです。
 そんな時、複数の目的地を経由地として設定すると便利です。

 PC版には「+目的地を追加」というボタン?があります。
 スマホ版では「:」ボタンを押下すると「経由地を追加」があります。
 経由地を上下にドラッグ&ドロップすれば経路を入れ替えることもできます。
 意図的に経由地を設定することで自分の走りたい経路にすることも可能
 です。
 
 経由地は出発地を含めて10か所設定できますが、20位に増やしてほしい
 ですね。さらに、PC版とスマホ版で目的地なのか経由地なのか用語を統一
 してほしいですね。
 残念なのは、多くの経由地を設定するとナビ途中に落ちたり、動作が遅くなる
 傾向があります。

 ぷち技:
 【PC】出発地に自宅を設定するのに毎回毎回自宅の住所を入力するのが面倒なので単語登録
 を活用しています。例えば、「じ」と入力して変換したときに自宅住所が表示されるように
 しておけば便利!


 【スマホ】目的地を検索した結果、Googleマップが提示したマップ上の位置が気に食わない場合
 があります。位置を微妙に移動したい場合、自分で任意の位置に変更ができます。
 目的地をタップし、文字入力状態にし、右端の×ボタンをタップすると、「地図上で選択する」
 が表示されます。これをタップすると、地図上にピンマークが表示されます。
 この状態で地図をスライドさせながら自分の好きな位置上にピンを合わせ、「OK」をタップ
 します。すると、ピン位置が目的地になります。



 

(2)経路の変更【PC】
 これまではGoogleマップが提示した最短経路を利用することがほとんどで
 したが、上記(1)の通り、経由地を設定して自分の意図する経路を準備すること
 が 多くなりました。
 しかし、それでも経由地と経由地の区間など思い通りの経路にならないことも
 多々あります。
 
 そういう時はGoogleマップが提示した経路の任意の位置でドラッグして、希望の
 道の上にもっていくとGoogleマップが自動的にルートを変更してくれます。
 問題なければそこでドロップすると経路が確定します。
 (この機能を発見したときは感動しました!)
 
 以下の修正経路の赤丸部分がドラッグ&ドロップした箇所です。希望の経路に
 なるかは多少の試行錯誤と慣れが必要です。
 
 修正例:
 ■Googleマップが提示した経路
 Photo_3

 
 ■自分で修正した経路(房総スカイライン経由)
 Photo_2



(3)短縮URLの生成【PC】

 ツーリングに行く際には、PC版でルートを作成し、スマホに転送するのですが、
 GoogleマップのURLがとてつもなく長くなってしまい、スマホでURLが途中で
 切れて表示できない事象が発生しました。
 ネットで検索すると短縮URLを生成するサイトがあると知りました。いくつかある
 みたいですが、 https://goo.gl/ がポピュラーでしょうか。
 最初は問題なく短縮URLを生成することができていたのですが、いつからか
 「私はロボットではありません」などと表示されるようになり煩わしくなりました。
 また、ここで生成したURLをスマホで開くと裏でブラウザが開くので鬱陶しくなり
 ました。
 
 他に短縮URLを作成する方法はないか、Googleマップのメニュー(≡)にある
 「地図を共有まはた埋め込む」を実行してみました。使い方がよく分からなかった
 のですが「短縮URL」というチェックボックスがあるではありませんか。
 チェックするとなんと短縮URLが生成されました。
 わざわざ別サイトで生成しなくてもGoogleマップで完結し、このURLをスマホで
 開いてもブラウザは表示されないので鬱陶しさが無くなりました!


(4)短縮URLのPC⇒スマホ転送【PC】

 PC上で作成したルート(マップのURL)をスマホに転送してナビとして使いたい。
 これは誰でも思うことではないでしょうか。
 上記の「地図を共有まはた埋め込む」で共有できるのかなとか、
 「ルートをモバイル端末に送信」でできるのかなと試行錯誤してみましたが
 できませんでした。(gmailになぜかメールが送信されなかった(;´д`)トホホ)
 仕方がないので普通にPCのメーラーでメールを作成、上記短縮URLを貼り付け
 て、スマホのメールアドレス宛に送信しています。

 
(5)スマホの短縮URLを利用するにあたっての注意点
 <その1>【PC】
 上記(4)で無事スマホにURLが転送されて、Googleマップ上にルートが表示され
 ました。ヤッター。
 ん?、一部、PCのルートと違うぞ!
 
 そうです、気を付けなければならないのはスマホ版は交通状況を利用して最短
 ルートを再検索しているようなのです。
 自分の希望経路を(勝手に?)変更されてしまっている場合があるので、PCに
 戻って意図的に経由地を追加して、必ずその経路を選択せざるを得なくした
 状態で短縮URLを生成しなおします。
 
 <その2>【スマホ】
 大抵、出発地は自宅になっていますが、例えばガソリンスタンドに寄ってから
 最初の目的地に向かう場合、そこから短縮URLをクリックすると、ナビの
 「開始」ボタンが「プレビュー」ボタンになっていたりします。
 つまり、現在地と出発地が異なるとプレビューになるようです。このプレビュー
 状態で出発すると正しくナビゲーションしてくれないみたいです
 (不確かかもしれませんが経験的に)。
 
 その場合は、スマホのメニュー(Ξ)から「経由地を編集」で出発地を「現在地」
 にしてから出発しています。
 今のところこの方法しかうまくナビを開始させることができていません。
 使い方合っているのかなぁ。。。
 

(6)自分が走行した経路を後から見返すことができる【スマホ】
 今日走った経路はどうだったのかなと後で見たくなることはありませんか?
 「あそこでナビとは違う道に行ったな」とか、「あそこで迷ったな」とか。
 そんな時は、スマホのメニュー(Ξ)から「タイムライン」を表示してみましょう。
 タイトル?に「今日」と表示されて、その下に走ったルートが表示されている
 と思います。タイトル横のカレンダーマークをタップすると、過去のルートも
 表示できます。

 【注意】
 タイムラインを有効にするには予め履歴の記録を有効にしておく必要があります。
 スマホのメニュー(Ξ)から「設定」→「Googleの位置情報設定」で「位置情報へのアクセス」の
 □とタップして有効にします。さらに、「Googleロケーション履歴」→「OFF」の□をタップして
 「ON」にします。



(7)マップ上にコメントを埋め込む【スマホ】
 前々から、道の名前や絶景スポットなどマップ上に自分のコメントを追加したい
 と思っていましたがその方法が分かりませんでした。Google マップのヘルプの
 通りに、

  1. google マップを開きます。
  2. 場所や住所を検索します。
  3. [ラベルを追加] を選択します。

注: 場所にラベルを付けるには、ウェブとアプリのアクティビティを有効にしておく必要があります。

 とやっても「ラベルを追加」がどこに出てくるのか不明でまったく不親切です。
 ネットで検索してやっと方法が判明しました。
 以下がその方法です。
 マップ上の追加したい位置を右クリックし「この場所について」を選択。
 地名や住所が表示されている画面の一番下に座標が表示されていると
 思います。その座標(例えば 35.176106, 140.060268)をクリックし、表示された
 左ペインの一番下に「ラベルを追加」が表示されます。ここから文字を入力
 することができます。追加したラベルをクリックすれば「ラベルを編集」で
 編集することもできます。ラベル編集画面で「削除」することもできます。

以上、Googleマップの便利な使い方を書いてみました(長くなりすぎた・・・)。
引き続き使用していって新たな技を発見できたら追加していきたいと思います。

« 最近Google Chromeが遅い件について | トップページ | @アニメ(2017秋アニメOP、ED) »

バイク・車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近Google Chromeが遅い件について | トップページ | @アニメ(2017秋アニメOP、ED) »